RSS | ATOM | SEARCH
虹をさがして

 現在、休校真っ只中。我が家のコドモ(長女のこと)、最初の頃は、友達とお互いの家を行ったり来たりしていたが、学校から「プライベートでも友達と集まらないように」というお達しがきて、その後外出制限も出たので、全然友達と会えていない。もちろんボウヤ(長男のこと)もしかり。2人ともがっかりしているが、特にコドモは、一番の仲良しが、家から手を振ったら見えるくらい目と鼻の先に住んでおり、「こんなに近いのに会えない‥‥」と、涙目になっている。ちょうど家と家の間に線路があるので、線路を天の川に見立てて、織姫と彦星みたいだねと言ったら、「もう!」と怒られた。

 

数日後、コドモが可愛い虹を描いて、友達の家から見える窓に貼っていた。何?何?と思ったら、この虹が「私は家にいるよ」という合図なのだとか。ヨーロッパの子供たちの間で広がったアクションで、もともとはイタリアの母娘が始めたものだという。虹の下にお家が描かれ、「Wir bleiben Zuhause. ALLES WIRD GUT(わたしはうちにいます。きっとよくなる、だいじょうぶ)」というメッセージが、国によってそれぞれの言語で記されている(ちなみに日本語版はお友達が訳したもの!)

 

そういえば外を歩いていると、いろんなお家に趣向を凝らした虹が描かれているのに気づく。みんな、友達と遊びたいだろうに、ちゃんとお家にとどまっているんだなぁと目頭が熱くなる。まだ先は見えないけど、終わりのないトンネルはない。そう遠くない未来、みんなの頑張りが実を結んで、また元気に友達と遊べるはず!

 

 

【今日のドイツ語】
「Ich liebe Süßigkeiten」

嵐を聴きながら、宿題をするのが日課となっているコドモ。『Love so sweet』が流れた途端、「これ、ドイツ語だったら、『Ich liebe Süßigkeiten(私は甘いものが好きです)』だよね!」と言ってきた。SweetをそのままSüßigkeitenに置き換えてしまったかー。スイーツとも言うけど、この場合は違うかな(苦笑)。


ドイツ語とのふれあい度 ★☆☆☆☆
 

author:コッスィ〜, category:日常のこと, 00:00
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:00
-, -, pookmark
Comment