RSS | ATOM | SEARCH
代々受け継がれてる!?

 オットが1週間ほどの出張へ。ボウヤは家に帰ると相変わらずマイペースにレゴで一人遊び。コドモも通常モードではあるんだけど、夕食になると「パパ怒るとき怖いけど、何かいないと盛り上がらないんだよねぇ〜」と寂しそう。ふふ、パパは家族の中で一番感情の起伏が激しい人だもんね(笑)。そんな中、先にご飯を終えたボウヤが何やら歌ってる! これはクリスマスソングの『もみの木』!!  しかも替え歌!!!

 

♪Oh Tannenbaum Oh Tannenbaum

(おぉ、もみの木よ、もみの木よ)

   die Oma hängt am Gartenzaun

(おばあちゃんが庭の柵にひっかかったよ)

   der Opa ruft die Feuerwehr

(おじいちゃんが救急車を呼んだよ)

   die Feuerwehr kommt nackt hierher

(救急車が裸ん坊でこっちに来たよ)

   Oh Tannenbaum Oh Tannenbaum

(おぉ、もみの木よ、もみの木よ)

   die Oma hängt am Gartenzaun

(おばあちゃんが庭の柵にひっかかったよ)

 

コドモが小学校入ったばかりの頃、この替え歌を覚えてきて、度肝を抜かれたけど、今度はボウヤが別の場所でこの替え歌を覚えてきていた! 替え歌なんてみんな違うもんじゃないの?と思うけど、有名な曲だけにどっかで代々受け継がれてるのかしら? これはこれで正式な歌詞のような気がしてしまう(笑)。

 

 

【今日のドイツ語】
「abstreichen(アップシュトライヒェン)」

私に怒ったボウヤが「ママ、abstreichen!」と一言。「こすりとる、ぬぐってきれいにする、差し引く」という意味の単語だけど、まったくピンとこない。そしたらこれ「削除する」という意味もあるそうで、「誕生日の招待客リストから削除するよ!」ということらしい。幼稚園で喧嘩すると、だいたいみんなこう言うのだとか。いや私、ボウヤから誕生日の招待されてないし。っていうか、どちらかといえばゲストをもてなす側だよね?!


ドイツ語とのふれあい度 ★★★★★
 

author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ボウヤとコドモ仲良く登校!

 マイン川沿いで行われる恒例の夏イベント「Museumsuferfest」がおととい終わった。気温の変化が激しいドイツだけど、これが終わると決まって秋の雰囲気になる。まだ昼間は暖かいけど、朝晩はパーカーを着ないといけないし、日が落ちるのが早くなった。。

 

と感傷にふけるまもなく、コドモの小学校に、今日からボウヤもVorlaufkursのため通うことになった。Vorlaufkursは、ドイツ語を強化したり集中力を養うなど、小学校入学前に様々な準備を行うコースのこと。コドモの時は、週に2回だったけど、ボウヤは週5日! 毎朝1時間だけだけど、その後ピックアップして幼稚園に連れて行くのか。。と思ったが、コドモは喜んでいる。ボウヤと一緒に朝早く学校に行けるし(授業前に友達とたくさん遊べる・笑)、ボウヤを受け持つ先生が、なんとコドモのクラス担任だったから。そんなこともあって、ボウヤも初めてのクラスながら泣くことなくすっと教室に入って、終わるとすました顔して教室から出てきた(お兄ちゃんになったつもり?)。幼稚園でも小学校準備プログラムが始まったし、1年後どれだけ成長してるのか楽しみだわ。というか来年、小学生だなんて! まだ小さい小さいと思ってたけど、もうそんな歳になったんだな。

 

 

【今日のドイツ語】
「Ich bin schon Schüler!」

Vorlaufkursに行くことになったボウヤ、来年同じ学校に入学するドイツ人の友達に「Ich bin schon Schüler(もう僕小学生ー)!」と鼻高々に宣言。友達を泣かせていた。いや、まだ幼稚園児だけどね(笑)。

 

ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆

author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 23:24
comments(2), trackbacks(0), pookmark
パパ、どこ行ったの?

 オットが出張で10日ほど3人でお留守番。コドモはもちろん状況をわかってるけど、ボウヤはまだいまいちつかめず。保育園から帰ってきて普通に遊んだりしてるのに、夜ご飯になると「あれ? なんでパパいない?」と、今気がついたけどみたいな新鮮な驚きを毎日するので、そのたびに笑ってしまう。そんな生活が続き、やっとボウヤが状況を飲み込めた頃、オット帰宅。ボウヤはなんでパパがいるんだ?と最初不思議そうだったが、またケロッとパパのいる生活が普通になった。やー、短かったような長かったような3人生活、心細いときがありながらも、ピクニック行ったり、なかなかエンジョイできたわ。

 

 

【今日のドイツ語】
「Mein Mann ist außer Haus auf Japan」

夫の留守中、家に何かしら電話があったらと思い、メモしておいた文章。「夫は日本に行っていて留守です」。使う機会はなかったけど、備えあれば憂いなし!


ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆

author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
それぞれの友達事情
 コドモ、小学校に入って3ヶ月が経った。人見知りで及び腰の性格ゆえ、ぽつねんとするのではと心配していたが、小学校入学前プログラムで自然と遊び友達ができ、さらに幼稚園やVorlaufkurs(リンクはこちら)で一緒だった子なども同じクラスにいて、本当に毎日楽しそう。それ以外に、幼稚園時代の友達や日本人の友達とも相変わらず仲がいい。自分から積極的に誘って遊ぶタイプじゃないのに何故だろう?と思っていたら、あるママから「喋らなくてもその場を楽しんでるのがわかるし、何かこう自分の世界を持ってるのよね」と言われた。なるほど〜。男子と走り回ってる日もあれば、女子とお絵描きしてたり、かと思えば、1人で遊んでることもあるもんなー。何事にも動じないし。あとは、大きい声で挨拶できて、話しかけられたらハキハキ答えてくれたら最高なのだが、ちょっと求めすぎか。

一方、ボウヤは、保育園入った当初とは違い、遊ぶ子が決まってきて、月齢の近い男の子3人でよく遊んでいる。3人でふざけることも多く、後片付け、着替え、トイレなど、一番にできるの誰だ♪などと先生が軽く競わせて、ちゃんとやるよう仕向けることもあるのだとか。ライバルじゃないけど、近くにそういう友達がいると、色々とできるようになるスピードが早まりそう。言葉に関しては、二ヶ国語ということもあり遅れを取っていたが、最近やっとドイツ語の文章が増えてきた。「Ich auch(ぼくも)」「noch mehr haben(もう少しちょうだい)」など、今まで日本語だったのがドイツ語で言えるように。ただ、「noch mehr habenご飯」とか、日本語とミックスになってしまうのがたまにキズ。ま、まだ、日本語とドイツ語という感覚がないから仕方ないか。

そんなこんなで我が家の子供達、友達との関わりの中で日々成長中。あと2日で新しい年を迎えるけど、来年はどんな成長を見せてくれるか楽しみだ。



【今日のドイツ語】
「Witz(ヴィッツ)」
最近コドモ、小学校で仕入れてきた「Witz(ジョーク)」を披露してくれる。腹を抱えて笑っちゃうものではないのがドイツ的(笑)。中には、オット自身も子供の時言ってた「Witz」もあり、語り継がれてることに感慨深げだった。

ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村
author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
楽しい?ドキドキ?クリスマス会♬
 街がクリスマスムードで活気づく中、子供たちの幼稚園&保育園でもクリスマス会が開かれた。まずはボウヤのクラスから。2歳児以下しかいないので、入った瞬間からのんびり〜平和な空気が流れている。慣らし保育のときはビービー泣いてたボウヤも、今じゃすっかりクラスの中堅どころとして、自分よりちっちゃい子にちょっかい出すまでになっていた。たくましいなぁ。持ち寄り品を食べつつおしゃべり後、みんなでクッキー作り! 生地の型抜き、2歳児女の子チームは様になっていたが、中堅どころ&ちっちゃい子チームは興味を示さず、が、途中ふいに気がついてやってきて生地をむぎゅっと掴んで丸めたり、かと思えばまたどっかに行って遊びはじめたり、もうはちゃめちゃ。そんな様子を見ていたら、あっという間に終了の時間になってしまった。あれ?クッキー焼かないの?と思ったら、翌日焼くのだとか。先生方、しっちゃかめっちゃかになることお見通しだったのね。さすが。

そして翌日はコドモのクラスへ。まだ幼稚園児ではあるが、ボウヤたちのクラスと比べると、やはりみんな大きいし、行動もすばやいし、行動エリアも広いので、なんか部屋が狭く感じる〜。毎年、歌を歌って、歓談して、先生にプレゼント渡して、歓談して終わり・・・というパターンなのだが、今年は?? 先生の挨拶の後、子供たちが部屋の外へ。なんと自分たちで作ったメガネ&付け髭をつけてサンタ姿になって登場。事前に練習していたクリスマスの散文を暗唱した。ちょっとぐだぐだ感はあったが、頑張って覚えたんだろうなぁと感動。これから歌もあるのかな?と思ったが、途中に先生のプレゼントをはさんだものの、あとはずっと歓談だった〜。近くの人と軽く話はするが、やばい、間がもたない! で、持ち寄り品をがつがつ食べていたら、お腹が膨れてしまった。肝心要のコドモは友達と遊んでるから私のところに寄ってこないのだ。がーん。ボウヤのときと違って手持ち無沙汰感ありあり(笑)。

2日続けての開催だったのでドキドキのし通しだったが、頑張ってドイツ語で喋るし、ほかの親とも知り合えるし、なんといっても普段見られない子供たちの姿が見られるので一石三鳥(!?)。なんだかんだいって、楽しかったなぁ。



【今日のドイツ語】
「Advent Nachmittag(アドベント ナッハミッターク)」
簡単にクリスマス会と書いたが、実際は、「Advent Nachmittag」という会だった。「Advent」は、クリスマスに備える、クリスマスまでの4週間の期間のこと。「Nachmittag」は午後。意訳すると、”聖夜を心待ちにする午後の集い”って感じ??

ドイツ語とのふれあい度 ★★★★★
author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
もうLaterneの季節♬
 幼稚園で毎年行われるSt.Martinfest、今年はボウヤも参加!! 一昨年は保護者がせっせと提灯を作ったけれど、今年は子供たちが先生と一緒に手作りしてくれたので、手間なしで参加できてよかった〜。イベント自体もバージョンアップしてるのかしら? 園長先生の挨拶(拡声器なしで話すので全然みんなに聞こえず・・・)の後、Laterneの歌を歌って、なんとなーく歩き始める。コースはいつもとおんなじ。提灯をもった子供たちが保護者も一緒に、幼稚園のある一角をぐるりと巡る(途中立ち止まり歌を歌うも、先頭と最後尾が離れすぎていて、後ろの方は歌っていることにも気づかず・・・)。幼稚園に着いたら、子供たちは園庭ではしゃぎまくり、親たちは思い思いに談笑。・・・って、いつもと一緒じゃん!! というか去年は、幼稚園で歌ったり先生からの挨拶があったのに今年はなし。ん? 何だったら簡略化されてる?? しかしグリューヴァインやブレーツェルの販売だけはかーなり迅速だった(笑)。ま、このゆるゆる加減が、ここのよいところ。初めて提灯もって参加したボウヤも楽しそうだったのでよかったよかった。来年もバージョンアップなしでこのままでよろしくお願いします。ぷぷ。



【今日のドイツ語】
「Jahresende(ヤーレスエンデ)」
毎年、このイベントが開催されると、もう「Jahresende(年末)」なんだなーとしみじみ。賑やかなクリスマスシーズンがやってくるけど、ちょっと物寂しくなる。

ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆
 
author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サ、サイズが・・・
 コドモとボウヤのおもちゃを収納する箱がほしいなぁ・・・と思っていたら、オットがいつの間にかネットで注文していた。この前の旅行といい、私のスマホ選びといい、オットよ、やることが早い!そして今日、さっそくおもちゃ箱がわが家に届いた。


じゃ〜ん☆

おぉ、これでコドモとボウヤのおもちゃを片付けられる〜!コドモは既におもちゃ箱を一つ持っているので、大きいほうはやっぱり、ボウヤのかなぁ?と、ウキウキしていたのだが・・・


あ、あれ?!

おもちゃ箱、小さすぎやしないか?!ピンク色の箱ぐらいの大きさを想像していたんだけど・・・(涙)。オットよ、ちゃんとサイズを調べてから買おうよ!!!

【今日のドイツ語】
「voreilig(フォアアイリヒ)」
「せっかちな」という意味。まさに今回のオットのことだな。それにしてもこのミニおもちゃ箱たち、どうしよう・・・小物入れとして使うにも小さすぎるし、わざわざ返品するまでのことでもないしなぁ(困)。ま、おもしろいからとっておくか。

ドイツ語とのふれあい度 ★☆☆☆☆
author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 05:24
comments(0), trackbacks(0), pookmark
夏休み突入!
 ドイツの学校は州ごとに休暇期間がずれており(渋滞緩和などのため)、フランクフルトを有するヘッセン州、今年は7月28日〜9月5日まで。幼稚園は期間まるごと休むところもあれば、2、3週間だったりとバラバラ。

コドモ&ボウヤの幼稚園は、今日から2週間夏休み!! 森に行って、水遊びして、アイス食べて・・・と、夏ならではの楽しみを満喫しようと思ったが、フランクフルトはもうすっかり秋。最高で20℃前後、最低8℃前後、半袖の季節どころか、マフラー、ジャケットが必要なくらい寒い! この夏休みは防寒しっかりして、せめて外で日差しを浴びながら遊ぼう〜。



【今日のドイツ語】
「wenn schon denn schon(ベンションデンション)」
「どうせなら」「せっかくなので」という意味。コドモの幼稚園の友達家族と食事のとき、「このあと仕事があるから」とお酒を断ろうとした旦那さんに、またまたーみたいな感じでこの一言を。結局旦那さんは普通に飲んでた(笑)。さて、子供たちが夏休みに突入したことだし、「wenn schon denn schon!」ということで、これからちょっくら旅行にでかけてきまーす。

ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆
author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
夜な夜な渡り歩く
 ボウヤが家族に加わった新生活、もろもろ軌道に乗ってきたが、なかなか私の寝床が定まらなかった。ボウヤのうなり声が大きくて、オットに「眠れない☆」とやんわり寝室から追い出されたり、1人で寝ているコドモに呼ばれたりと、夜なのにやけに私の移動率が高いのだ。

◎4人生活スタート当初
寝室のベビーベッドにボウヤを寝かせ、オットとともに就寝→ミルクタイムでリビングへ→寝室に戻る→ボウヤの寝入りのうなり声がうるさくてゲストルームに連れていく→ボウヤが深く寝入ったところで一緒に寝室に戻る→コドモに呼ばれて子供部屋へ行くも力尽きてそこで朝を迎える

◎仕切りなおして
ボウヤとゲストルームで就寝→ミルクタイムでリビングへ→ゲストルームに戻る→ボウヤの声で起きたコドモに呼ばれ子供部屋へ→ボウヤが泣いて再びゲストルームへ→再びミルクタイムでリビングへ行きそのままソファで力尽きる

◎また仕切りなおして
ゲストルームにてコドモとボウヤと3人で就寝→ミルクタイムでリビングへ→ゲストルームに戻る→寝相の悪いコドモがボウヤのお腹を枕替わりにしていたので慌てて寝室に避難→ボウヤがうなりはじめリビングへ移動しそのままソファで力尽きる

こんな感じで日々、寝場所やフォーメーションを変えて、私とボウヤの一番よい寝床を探っているのだが、こうして書き出してみると、私の動きにムダが多いなー。例えばゲストルームで深く寝入ったなら、寝室に戻らずそのままそこで寝ればいいのに・・・などなど。あれこれ試した結果、ボウヤと私がゲストルームに寝て、ボウヤの声がうるさいときはドアを閉めておく(普段はコドモの声が聞こえるようにどの部屋もドア開けっ放し)、ということで落ち着いた。しかし久々に寝室でゆっくり寝たいなー・・・と書いている今、ボウヤを寝かしつけていたオットがゲストルームで熟睡中。よし、今日は寝室のベッドで寝ちゃおうっと。そしたら深夜のミルクも必然的にオットがやることになるはず。ふっふっふ。



【今日のドイツ語】
「tief schlafen(ティーフ シュラーフェン)」
「熟睡する」という意味。なかなか熟睡できない分、いつでもどこでもすぐ眠れる特技を身につけた。

ドイツ語とのふれあい度 ★☆☆☆☆
author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 23:50
comments(2), trackbacks(0), pookmark
4人で出かけよう
 祝日の多い5月。 「せっかくなので、4人でどっかにでかけよう」という話になったその時、オットの目が輝いた…「オレが子供の頃に住んでいた町に行こう!」と。そういえば、コドモが生まれたときも「遠出する前のキホンだ」とか言ってたような…まぁいいや、また行ってくるか。


緑に囲まれた小学校

オット、今回もコドモ&ボウヤに、自分が通っていた小学校を一番見せたかった様子。その際、ボウヤはずっと寝ていたけど、コドモが「あれは何年生?」と、学年毎に分かれた校舎に興味津々だったのが面白かった。

その後はオットのかつての通学路を歩きながら、昔住んでいた家のほうへ。オットが幼少時代に住んでいた家の前で、コドモは楽しそうにピョンピョンと飛び跳ね、ボウヤは安らかな寝顔を見せ…そんな光景を見ながら、「オットは2人を、自分の小さい頃と重ね合わせてるんだろうなぁ」と思いを巡らせた私。

家に帰ると、フランクフルトの空が赤オレンジ色に染まっていて、辺りはノスタルジックな雰囲気に包まれていた。過去にタイムスリップしたような一日のふさわしい締めくくりだったなぁ。



【今日のドイツ語】
「der Sonnenuntergang(デア ゾンネンウンターガング)」
「日没」のこと。最近、フランクフルトでも晴れの日が多くなった。これからは、写真のような綺麗な日没が何度も見られるんだろうな。

ドイツ語とのふれあい度 ★☆☆☆☆
author:コッスィ〜, category:コドモ&ボウヤのこと, 06:29
comments(2), trackbacks(0), pookmark