RSS | ATOM | SEARCH
5歳のお誕生日を祝ってくれたのは?!

 遅れに遅れたが、幼稚園の友達を呼んで、ボウヤ5歳の誕生日会を開催! 子供の誕生日会が当然のように行われるドイツ、美術館や動物園、絵画・工作教室などあらゆる場所で誕生日パーティー企画が用意されている。我が家も利用しようとしたが、条件、タイミングが合わず、今回は家で行うことに。しかし、ただ単にケーキ食べて遊ぶだけじゃ普段とあまり変わらない。ほかの子の誕生日会に行くと、人気アニメ「ニンジャゴー」の忍者になるべく、お父さんが師匠となって、子供たちを忍者トレーニングする壮大なプログラムがあったり、近所の公園でミニ運動会をしたり、家の庭に大きなエアートランポリンが用意されてたり・・・と、趣向を凝らしたものばかり。我が家もコドモ4歳のとき家で誕生日会したときは頑張ってアクティビティ考えたけど、ほかと比べてさらにインパクトのあるアイディアは出てこない。。そんなとき、家に来てアクティビティをしてくれる出張誕生日サービスをインターネットで発見! 早速そのうちのひとつにウホウホと予約をとり誕生日当日・・・。

 

ゲストが集まり、ケーキを食べたり、ゲームをしたりしていると、ピンポ〜ン! 誰かと思えば、ピエロがやってきた!!♪ 思いのほかちゃんとしたピエロの格好ではなかったので、見た瞬間、子供達「んっ? 誰?」って感じでポカン顔だったが、Bonbonregen(アメを雨のようにばらまき子供達必死に拾う!・笑)にはじまり、笑いあり驚きありのマジックショー、一人一人のリクエストに応えたバルーンアートなど、子供達どころか私たち大人の心までがっちりつかんでしまった。さすがプロ! 事前打ち合わせなし、メールのやりとりだけで当日迎えたのでドキドキしていたけど、うまくいってよかった〜。ゲストの子供達、お家に帰ってもピエロの話をするくらい喜んでいたようで、本当に何より。お誕生日会、毎回頭を悩ませ神経使うけど、こうして楽しんでもらえると、やっぱりやってよかったなーと満足感でいっぱいになる。なんて充実感に浸るも、もうすぐ今度はコドモのお誕生日。。。誕生日会場は予約したけど、誕生日カード書いたり、ゲストの親御さんと連絡とりあったり、また忙しくなるぞーーー。うん、頑張る!


 

【今日のドイツ語】
「Zauberspruch(ツァウバーシュプラッハ)」

意味は「呪文」。ピエロがマジックをしているとき、子供達に呪文を言わせるのだが、「アブラカダブラ ジンザラビン! ポーポス コーポス ○○○○○(○○になれ)!」と声を合わせて言っていた。「アブラカダブラ」は世界共通なのだなと一人納得。


ドイツ語とのふれあい度 ★★★★★

author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ボウヤの世界

 ボウヤの最近のお気に入りは、レゴやプレイモービルの人形、ほかの人形も総動員して遊ぶこと。レゴの一般的なキャラから、スターウォーズ、ニンジャゴー、そしてプレイモービルのほのぼのキャラ、いろいろ交えて世界を展開しているので、はたから見てるとかなり面白い。レゴのお家で休んでるニンジャゴーのキャラ、そこを狙うスターウォーズの悪役たち、そして横にはギャルたちが乗ったパトカー・・・ボウヤの頭の中でどんな物語が繰り広げられてるのやら(笑)。ボウヤのドイツ語喋りも面白可愛くて、つい何を言ってるのか聞き耳を立ててしまう。幼稚園入りたてのときは、ドイツ語を文で話すのが少なかったけど、10ヶ月も経つと進化するなぁ。

 

幼稚園でも友達といっちょまえにドイツ語で話しているようで、よくお互いの家を行き来する友達とケンカしたときは、「Du bist nicht mein Freund! Ich gehe alleine zu meiner Mama!!(君は友達じゃない!ぼくもう1人でママのところに行く!!) 」と言ったらしい。お家に遊びに行く時、私かその友達のママが子供達を一挙にピックアップするので、「君ん家に行かないで、1人で自分で家に帰る!」みたいな展開になった模様。そういえばコドモが幼稚園だったときは、先生に怒られた記憶があまりないけど、ボウヤの場合は、悪ふざけしてた、誰かをたたいた、先生の話を聞かない…などなど各種耳の痛い話をよく聞かされる。姉弟でも結構違うもんなんだなーと静かに実感する今日このごろ。

 

消防隊員たちがプレイモービルのピクニックシートでひと休み。癒される

 

【今日のドイツ語】
「Du kommst leider nicht...」

ボウヤの仲良しの子の家に別の友達が行くと知ったボウヤが、「僕も!」と言ったら、仲良しの子が「Du kommst leider nicht...(君は残念だけど来られないんだ…」と一言。神妙な顔で断るので吹き出してしまった(笑)。ちっちゃい子でも「leider(残念ながら)」とか使うんだなー。


ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆

author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
続いてオムツ問題

 ドイツの幼稚園では、オムツ外しを急がせる風潮はないように感じる。ドイツ人の友達に聞くと「親や周りがヤイヤイ言うより、自分からオムツやめると決めた方が外れるのが早いから」とのこと。そういえば、コドモのときも、とくにトイレトレーニングしなかったけど、幼稚園で自然とオムツ外れたなー。

 

じつはボウヤ、突如オムツを外すと言い出したのだ。慣らし保育始まったばかりだし、ちょっと落ち着いてからの方がいいのでは?と思ったのだが、どうしても「パンツがいい」と言って聞かないのだ。そんなこんなでオムツ問題をまとめておきたい。

 

○7月14日

「ヨハンナ、オムツ、weg(とった)やったから、ボウヤも"ohne(なし)オムツ"にするー」と突如宣言。3時間ほどパンツにしたが、ちゃんとトイレに行き失敗なし。

 

○7月15日

朝からパンツで登園。慣らし保育もあるし、オムツの方がいいですよね?と聞くも、先生が「試してみましょ!」と快く引き受けてくれた。迎えに行くと、2回失敗しパンツがなくなって結局オムツになっていた(笑)。家でまたパンツに履き替え、寝るときオムツに。

 

○7月16日

外出時、眠そうだったのでオムツにしたが、家ではずっとパンツ。失敗なし。

 

○7月17日

前日と同じ。

 

○7月18日

うっかりパンツのまま外出。お股のあたりを手でもじょもじょおさえているのに気づき、あ、パンツだった!と慌ててトイレへ。外出先でもちゃんとおしっこできた!

 

○7月19日

一日中パンツ。保育園でも失敗なし。家で、ウ◯チ〜と泣き顔になっていたが、トイレで初ウ◯チ。

 

初日こそ、私がトイレに促したが、あとは大体自分でトイレに行き、用をたすことができていた。子供用便座はつけてないけど、ちゃんと自分1人で座れるし、結構自分でできるのでびっくり。というかオムツ替えないのって、なんて楽なんでしょ!! 着替えも自分でやるようになったし、急に大きくなったように感じるわ。

 

 

【今日のドイツ語?】
「Ich möchte パンパースとる!」

家では「パンツだけがいい!」と言うのだが、幼稚園では「Ich möchte (〜したい)」というドイツ語に日本語をミックスさせて、「Ich möchte パンパースとる!(パンパースをとりたい)」と先生に伝えてたらしい(苦笑)。そのおかげで(!?)、すっかりパンツが定着。ボウヤ含め男子3人のうち、誰かがトイレに行くと、オレもオレも!と、2つのトイレを取り合う毎日らしい。ふふ。


ドイツ語とのふれあい度 ★★★★☆

author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
もうすぐ幼稚園

 3歳になると、保育園から併設の幼稚園にあがるのだが、いよいよボウヤもそんな時期がやってきた。仲良しヤーコブと、幼稚園でも一緒のグループに。幼稚園お試し入園の日は、保育園の先生も付き添ってたし、ヤーコブもいるし、なんといってももともとコドモがいたグループだったので、知ってる子がいっぱい(家に遊びに来たりしてボウヤも一緒に遊んでたので)。ちょっと様子を伺う感じだったようだが、泣くこともなく無事終了。

 

そして慣らし保育開始。1日目は朝食後に1時間だけ幼稚園に。最初は及び腰だったけど、ちゃんと先生に「ヤーコブと隣りの部屋に行って遊んでもいい?」なんて自分から聞いて積極的に遊んでいたそう。2日目は少し時間を長く、3日目は朝食から…と、徐々に幼稚園にいる時間を長くしていく作戦だという。保育園の慣らし保育はすっっっごい大変だったが、グループは変われど、もうずっと通ってるところだから、今回はすんなりいきそうな気配。

 

保育園のグループでは、同月齢の仲良したちと遊ぶのはもちろん、1歳児未満の子など小さい子が増えてるので、ボウヤそれはそれは可愛がっていたりと、イキイキしてるのがよーくわかる。幼稚園でもこんなふうに自分の居場所を作ってくれるといいな。

 

 

【今日のドイツ語】
「Schnuppertag(シュヌッパーターク)」

「お試し入園」のこと。慣らし保育もするのに、さらにその前に、ちゃんとこういう機会を設けてくれるなんて至れり尽くせり。


ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆

author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
昼寝なし問題

 うちのボウヤは、コドモが小さかったときと同じように、よく寝る子だ。3歳になった今も、昼寝でがっつり2〜3時間寝る。そのうえ夜も9時頃にはぐっすり。なので当分このままと思っていたが、同じグループの同月齢の仲良し2人が昼寝しなくなり、先生からも、昼寝やめたら小さい子たちに邪魔されずに好きなおもちゃで遊べて、静かに本読んだり、時間を有効に使えるわよ、とすすめられた。ま、近いうちにと思っていたが、その日は突然やってきた。先生「今日昼寝しなかったわよ」私「えっ!」。確かに寝たくなかったら先生に言っていいよとは言ったけど、こんなに早くとは! 先生「今日お昼寝しない子〜」ボウヤ「はーい」といった具合だったそう。

 

●昼寝なし1日目:幼稚園一歩出た途端、ぐずぐずモード。頑張ってあやしながら家に連れて帰り、急いでシャワーさせて、ご飯作ってたら寝た。一度起きて号泣しやっとのことで寝かしつけ。この日は結局夕食、歯磨きなし。

●2日目:幼稚園帰り、ベビーカーで寝そうだったが、なんとか踏ん張り家へ。ぐずぐずしながらも9時まで起きていた。

●3日目:幼稚園帰り、公園に寄ったら、いつものように遊び出したが、少し経ったら自分からベビーカーに座り、寝た!

 

眠いときのワケのわからないグズリがひどいけど、これも成長の証。うまく付き合いつつ、スムーズに昼寝なしが通常になるといいなぁ。

 

 

【今日のドイツ語】
「Ich will heute nicht schlafen!」

コドモが、ボウヤに「幼稚園で寝たくないときは『Ich will heute nicht schlafen!』って言えばいいんだよ!と得意げに教えていた。本当は私が教えなきゃいけないのに、コドモよ、ありがとう!


ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆

author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
3歳のお誕生日♪
 ボウヤが3歳のお誕生日を迎えた。誕生日当日は、『ぐりとぐら』が大好きなボウヤにカステラを作ったりして、家族でお祝い。友達を呼んでのパーティーはまだいいかなと思っていたのだが、夏には幼稚園に上がり、保育園で仲良しの子がクラスが別になるので、やはり友達2人だけお家に呼んでちっちゃくお誕生日会を。ちっちゃくとはいえ、幼稚園からの全員ピックアップ(友達のお兄ちゃん含め4人)など、私一人では心許なくコドモにお手伝いを依頼。出し物の時、ドイツ語で仕切ってくれたり、超助かった〜。途中から遊びに夢中になってしまったけど(笑)。

そして主役のボウヤといえば、友達と一緒に遊んでる! あまり小さいと、人と絡むよりは自分の興味のある方にばかりいくけど、こんな風に遊べるようになったのね!と感動。まだすごくいっぱいは話せないけど、ドイツ語でちゃんとやりとりもしてる。そういえば最近「Kannst du bitte mir helfen(手伝ってくれる)?」とか、ドイツ語の文章も出るようになったもんなー。お誕生日会、躊躇していたけど、ボウヤの成長ぶりが見られて本当にやって良かった。



【今日のドイツ語?】
「さむいから」
友達のお誕生日会にも親の付き添いナシで参加するようになったボウヤ。友達ママから「ちゃんとドイツ語で喋ってたよー。あ、でもたまに日本語混じってたかも!」との報告が。外で遊ぶ時、ジャンパーを着るかどうか聞いたら、「Ja(うん)」と答えたものの、「さむいからー」と、その後の理由は日本語だった模様。まだこれがドイツ語、これが日本語ってはっきり区別がついてないんだろうな。あー、おもしろかわいい♪

ドイツ語とのふれあい度 ★★★★☆
author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(3), trackbacks(0), pookmark
ボウヤのドイツ語力?!
 我が家に小さなお客様。いつもは大抵コドモの友達だけなのだが、いつもボウヤがはじかれるので、今回は友達の弟くん(ボウヤと一緒の保育園)も誘ってみた。ボウヤがドイツ語出るようになってから初めての来客だったので、ボウヤのドイツ語力がどんなことになってるのか興味津々。・・・だったのだが、そこは2歳児同士。それぞれ自分の好きなように遊ぶので、会話らしきものはなし。ただ弟くんは、私にドイツ語で話していた。イラン人家庭なので家ではイラン語だけど、しっかりドイツ語が身についてる感じ。一方ボウヤといえば、「Ich auch(ぼくも)」「 Komm(来て)」とかドイツ語がちらほらありながらも、日本語環境である我が家でのお遊びだったせいか、日本語多め。コドモの友達にも「なーに、してるの〜?」と、無邪気に日本語で話しかけてたし(笑)。でも最近「Ichがここ入るね♪」なんて日本語とドイツ語のミックスが多かったけど、この日は出なかったな。やーしかし、保育園ではどんな風に喋ってるのか、こっそり見てみたくなった〜。毎日の先生からの報告では、ちゃんとドイツ語喋ってるそうだけど、先生が聞きなれない言語(日本語)も絶対喋ってるはず!



【今日のドイツ語】
「Warum ist das so〜♪」
思わず「なんでだろう、なんでだろう〜♪」と口ずさんでしまったら、我が家の子供達が食いついてきたので、youtubeで本物を見せたらドハマり。私だけでなく子供達も歌うようになってしまった。そしたらオットがあのメロディーに乗せて「Warum ist das so〜♪」と歌い出した。うん、確かにドイツ語だったらそんな感じよね。あは。

ドイツ語とのふれあい度 ★★★★☆
author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(2), trackbacks(0), pookmark
今なんて言った?

「これは?」「くるま」「ネコちゃん」「ぱべる(食べる)」など、ますます言葉が増えてきたボウヤ。「もう、ここ(に)、あるじゃん!」なんてツッこまれたり、「抱っこー」「なんで抱っこしてほしいの?」「だってー、うにょ(←自分のこと)、のど、いたいから」と、会話らしい会話ができるようにもなり、目覚しい進化を遂げているなーとつくづく(抱っこの理由がおかしいけど・笑)。

そんなこんなで、ボウヤとお喋りが楽しめるようになったのだが、未だボウヤ語は健在だし、最近そこにドイツ語もちょこちょこ出るようになったため、まず何語で喋ってるのかがわからず、みんなで「?」となること多々。レゴが壊れてしまったとき、「ブー」って怒ったのかと思いきや「Kaputt(カプート/壊れた)」と言ってたり、おやつのとき「てーはーぶ?」と言われ、うん、そうだね、と適当に相槌したら、「Tee haben?(テー ハーベン/お茶もらえる?)」だったり。何かうまくいかなくて「んもー」って言ってると思ったら「Oh my God!」だったときはびっくりした。どこで覚えるんだろー? 保育園で言ってる子がいるのかなー。「Tee haben?」は、のどが痛いというので、保育園で食事のとき先生に言うんだよと私が教えたフレーズだが、まさかちゃんと覚えて使ってるとは知らず、本気で驚いた。これからもっと喋りが達者になっていくんだろうから、発展途上な可愛いお喋りを今のうちしっかり堪能しておかねば。



【今日のドイツ語】
「Meine Mama kommt」
保育園に行ったら、会う人ごとに「Meine Mama kommt(ぼくのママ来るの)」と話しかけまくっていたボウヤ。おー、ドイツ語も文章で喋れるのね!と驚いてたら、私の姿を見かけた園長先生に「あら、もう来てるじゃない!」とツッこまれてて、感動よりも笑いの方が優ってしまった。はは。

ドイツ語とのふれあい度 ★★★★☆

  にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
使い分けられるオトコ??
 最近毎日のように新たな言葉を言うようになったボウヤ。テレビを見ていたとき「もう、終わった?」と言ったのにはびっくりした。怒ったときに「もう!」ということはあったのだが、違う意味合いも習得していたなんて! 家ではそんなふうに日本語の語彙が増えていたのだが、幼稚園では?? 「2ヶ国語同時に覚えているのだから、そんなに焦らないで」とのんびりしていた先生が、つい先日「食事のときに”Mehr haben(もっともらえる)?”って言ったわよー」と興奮ぎみに報告してくれた。そのほか、”Bitte”Danke””Aprikosen”といった単語に加え、先生や友達の名前も言っているとか。が、一向に私の前ではドイツ語を使わないボウヤ。意地でもボウヤのドイツ語を聞いてやろうと、「パンって幼稚園では何て言ってるの?」と尋ねると、一瞬何か考えるも「・・・パンー!」とニッコリ。「Brot」って言わないのかーい。ちょっとがっかり。ん? でも、もしやボウヤ、人や場所によって2ヶ国語使い分けてるんじゃない?? こんな小さいのにすごい!!と思った矢先、幼稚園で「Geh(行って)!」と冷たくあしらわれた。あ、多分これ、自分で使い分けようとしてるんじゃなくて、ドイツ語環境のとき(ドイツ語で話しかけられたり、周りがドイツ語)は自然とドイツ語になって、日本語環境のときは逆になるというだけかも。。。そもそも2歳で、これがドイツ語、これが日本語なんて思って使ってないよね(苦笑)。やーしかし、この調子でどんどん言葉を吸収していったら、ドイツ語抜かされるのも時間の問題だな。



【今日のドイツ語】
「das Eichhörnchen(ダス アイヒヘアンヒェン)」
道で「das Eichhörnchen(リス)」を発見。幼稚園の帰りだし、ドイツ語で答えるかと思い、この動物何?と聞いたら無言だった。知らないのか、ドイツ語だと長すぎるのか? いずれにせよ、今吸収中なので、ほんとのんびり構えておこう!

ドイツ語とのふれあい度 ★★★☆☆
author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
お誕生日おめでとう!
 ボウヤが2歳の誕生日を迎えた。まだ、ちっちゃいと思っていたけど、もう2歳だ。早い〜!! ママ、パパ、カカ(ドイツ語でウ○チ)、ここ、こう、これ、うん・・・などほんとに簡単な言葉しか出なかったけど、最近では、「komm(来て)」「行くよー」「ガリガリ(くん)」「パン(食べるパン、アンパンマンどちらも指す)」「ウーフル(ウルフルズ)」など、ちょっとずつバリエーションが増えてきた。以前保育園で先生に「ボウヤ、わかってるけど喋らないの!」と言われたことがあった。

先生:「バナナ食べる? Ja(はい)?」
ボウヤ:(無言で頷く)
先生:「欲しいときは”Ja”って言うんだよ。食べる?」
ボウヤ:(目をじっと見てから、さっきより深〜く頷く)

なんてやりとりがあり、先生思わず笑ってしまったらしい。しかし今となっては、ちゃんと”Ja”も言えるようになったのだ! しかも「うん、Ja!」と、2ヶ国語で返事してくれる丁寧ぶり(笑)。毎日のように新しい言葉を発するようになり、嬉しく楽しくもあるのだが、ちょっぴり寂しい。ゆっくり大きくなって〜って、どの親も思ってるんだろうな。と、私の勝手な親心はさておき、ボウヤ、2歳の誕生日おめでとう。新しい1年、もっともっと楽しく愉快に過ごそうね♪



【今日のドイツ語】
「Ich bin hin-und hergerissen!」
またまた幼稚園のママからメール。彼女は息子に水泳教室を続けさせたいけど、息子くんはサッカー教室に行きたいという内容で、最後の一文にあったのがコレ。「hin-und hergerissen」が辞書でもネットでもよくわからない。「hin und her」は「あちらこちら」だから、「gerissen」は?と調べたら、”引き裂く”なんて意味が出てきた! しかも「Acht wird gerissen」だと”八つ裂き”という意味らしい。怖っ! でも文の最後に可愛い顔文字が入ってたし、そんな怖い意味じゃないと思うんだけど・・・。あまりに胸がドキドキするので、藁にもすがる思いでオットにヘルプ。答えは「私は迷っています」だった。「あちらこちらに心が引き裂かれる=迷う」ってことかな。いやーそれにしてもびっくりした。

ドイツ語とのふれあい度 ★★★★☆
 
author:コッスィ〜, category:ボウヤのこと, 00:00
comments(3), trackbacks(0), pookmark